SEO関連 キーワードの選び方


  


キーワードの選び方について。

キーワードの選び方


キーワードの決め方と、キーワードプランナーの使い方を前回は紹介致しました。

今回は、キーワードの決め方について、もう少し具体的に深く掘り下げていきます。

ここでのポイントは、目的に沿ったキーワードである事です。

例えば、会社名で上位表示されても、サイトを見る人が求めている商品を販売していなければ全く意味はありません。

売り上げを伸ばしたいのであれば、商品名や特徴等をキーワードにすべきでしょう。


@何を売りたいか決めましょう。


思いつくままにキーワードを書き出して行きましょう。服であれば、『子供服』『かわいい服』『子供 かっこいい』と いったキーワード等です。

ここでは、検索数については意識する必要はありません。


Aサービスの特徴、サイトの売り等を洗い出しましょう。


ここでは、『格安』『高級』といったものや、『比較』『ランキング』、実店舗があるのであれば、『東京』『神奈川』等の 地名も良いでしょう。



B利用者の立場より、潜在的なキーワードを想像しましょう。


これは、なぜそのサイトを検索するかの理由です。
洋服であれば、『遊園地』『卒業式』等があるでしょうし、塾であれば、『高校受験』『就職』などがあるでしょう。


Cキーワードプランナーで検索数等を調べる。


上記@からBにてキーワード候補が沢山出て来たとおもいます。
では、具体的にどのキーワードを採用するかについては、前回紹介したキーワードプランナーを利用します。

競合が多すぎると競争相手も多く、少なすぎるとサイトを訪れる人も少なくなりますので、自分のサイトの中身と相談しま しょう。




Dキーワードの決定。


Cで得た情報を基に、キーワードを決めます。

ここでの注意事項は、良く似ているキーワードでも、1文字でも異なると、違うキーワードと認識される事です。

『子供服』と『子供 服』は異なるキーワードですし、もちろん『子供の服』も違います。

また、あまりキーワードを沢山入れるのも、重要性が薄くなってしまいますので、3つぐらいに留めるのが良いかと思いま す。